用途と成分を明確にする|加齢と共に現れてくるほうれい線を美容液で消そう|若々しく変身

加齢と共に現れてくるほうれい線を美容液で消そう|若々しく変身

ウーマン

用途と成分を明確にする

ウーマン

厚生労働省認可の成分

人気のある化粧品の一つに、美白化粧品があります。その名のとおり美白成分が配合されている化粧品で、肌を白くする事を目的としています。シミなど気になる肌のトラブルも美白化粧品を使用することによって薄くする事も可能です。しかし美白化粧品であれば、どの化粧品でも効果があるわけではありません。美白成分は厚生労働省認可でなければなりません。逆に厚生労働省認可でない成分は美白成分ではないのです。しかし成分表には紛らわしい表記をしている場合がありますので、購入前にしっかりと確認することが大事です。厚生労働省認可以外の成分は、美白効果が期待できないものがほとんどですので、気を付けなければなりません。美白をするのであれば冬がおすすめです。

美白用途を明確にする

夏は紫外線の影響を受けやすく、肌のトラブルを招きやすくなります。夏は紫外線予防をしっかりと行い、紫外線量の少ない冬に美白を行うのが最も効果的な方法です。夏場にできたシミを冬に手入れするのが効果的です。美白と一言で言ってもシミを予防するのか、すでにできてしまったシミを目立たなく薄くするのかによって、選択する化粧品は変わってきます。シミを予防する成分は、エルグ酸やルシノール、リノール酸などが配合された美白化粧品です。逆にシミを目立たなく薄くする成分は、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの成分です。それぞれに効果のある成分は全く異なります。そのため、用途を誤ると願った効果が出ないこともあります。何をもって美白をしたいのかを確認する必要があるのです。